「子育て応援隊 FROM こうほく net ほいっぷ」とは?

・主な活動地域

 神奈川県横浜市港北区

 

・メンバー

    乳幼児の子育て真っ最中のママたちが中心となって活動しています。

    子育て家庭を応援してくださる方なら、どなたでも参加できます!

 

 「子育て応援隊FROM こうほくnet ほいっぷ」(2017年度~)メンバーは、コチラ → 

 

・目的(目指してること)

 「こうほくnetほいっぷ(※)」の活動の中で、子育てを応援する意思を示すことで街で

 困っている親子に声を掛けやすく、また、親子が手を貸してもらいやすくするツールとして 

 「子育て応援隊 缶バッジ」が誕生しました。

 「子育て応援隊 from こうほくnetほいっぷ」はこの「子育て応援隊 缶バッジ」を一人でも

 多くの方に身に着けていただき、より子育てにやさしい地域が広がることを目指しています。

 

  (※)こうほくnetほいっぷ

     色々なアイディアを出し合って、もっと子育てしやすくなる形を、地域の子育て中のみんなで

     考えて一緒に作っていくための、子育て当事者グループ。

     港北区地域子育て支援拠点どろっぷスタッフがオブザーバーとなり、区内親と子のつどいの

     ひろば利用者、どろっぷ利用者、区内サークル代表者などが参加しています。

 

・活動の経緯

2007年

港北区地域子育て支援拠点どろっぷが主催し、港北区内の子育て当事者ネットワーク「どろっぷnetほいっぷ」を発足(後に、「こうほくnetほいっぷ」に改称)

子育て支援拠点び利用者だけでなく、子育てサークル代表、障がい児、多胎児の保護者などが参加してきた。子育て当事者だからできることをテーマに、産前産後の支援情報冊子作成、妊婦と先輩親との交流企画、外遊びの充実のため公園遊びグループの立ち上げ、地区ごとの子育て資源マップの作成などに取り組んできた。

2014年 子ども連れの外出時、駅や道路で少し手を貸してほしいというときに、この人なら声をかけて大丈夫という目印があればいい、というアイデアから「缶バッジ」を制作(第一期)。
2015年3月 2014 年度当バッジを制 作したメンバーが缶バッジの普及拡大に継続的に取り組むため、「子育て応援隊FROM こうほくnet ほいっぷ」として自主グループとして独立、自主活動を開始(第二期)。
2016年12月 メンバー構成を新たに、自主活動を開始